結婚式の意味を考える

「結婚式・披露宴(会食)はなぜするのか」

京都かがやきウエディングが考える「結婚式がおふたりの人生にもたらす価値」について、過去、現在、未来の時間軸でご紹介いたします。

「過去」に感謝する

「ありがとう」。身近な人にほど、なかなか言えない魔法の言葉。これまで育ててくれたご両親や親代わりとなり世話をしてくれた方々に感謝の気持ちを伝える。幸せな笑顔をご両親に見ていただくことが、人生最大の親孝行だと、京都かがやきウエディングは考えます。

結婚式・披露宴はご新郎ご新婦様のための時間であると同時に、育て上げた息子、娘の晴れ姿を見る、ご両親の人生の節目となる大切な日でもあります。

おふたりで新たな人生を歩みはじめるその日に、ご両親をはじめとする過去に出会った方々に「ありがとう」を伝えましょう。感謝の気持ちをきちんと伝えるからこそ、未来に幸せが訪れるのです。

「現在」の幸せを味わう

「結婚式」。その瞬間は、長い人生においてほんの一瞬の出来事です。人生でもっとも輝き幸せな瞬間の1つと言われる時間。これから先、おふたりで乗り越えてゆく山あり谷ありの時間のなかで、結婚式の思い出が人生の原点となり、がんばる力と勇気を与えてくれることでしょう。

人生の春を迎える結婚式。動画、写真、さまざまなメディアで記録を残しておくことをおすすめいたします。

「未来」の縁を結ぶ

おふたりで生きることをお披露目する披露宴。ゲストをおもてなしする時間は、これからもおふたりとよきご縁をいただくことをお願いする場でもあります。

おふたり力をあわせても解決の糸口がみえないとき、先輩たちのアドバイスや差し出される手に、これから幾度となく助けていただくことでしょう。未来の縁を結ぶ。披露宴の大切な役割の1つです。

幸せな、過去、現在、未来のために、おふたりらしいオンリーワンウエディングを京都で。京都かがやきウエディングが真心をこめてお手伝いをさせていただきます。